★スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★デジ一を買う その1 ~吟味編~

 そろそろデジタル一眼レフを買いたい。
 と、決めはしたものの、コンデジと違ってレンズのことまで考えて買わないといけないので、選ぶ段階で相当悩んでいます。
 最初は手の届きそうな値段で普通にCanonのKissX2かKissFにしようかと思っていたんですが、「手ブレ補正機能は本体にあるほうが良い」と前に聞いたので、一考。色んなレンズ(魚眼レンズが特に欲しい)を買おうと思うと、確かに手ブレ補正はレンズじゃなくて、本体側についていたほうがベンリではあります。
 ということで次に考えたのがソニーのα300。こちらは手ブレ補正は本体側についていて、なおかつ値段も手ごろ。これでいいのでは…と決めかけたところ、どうやら撮像素子がAPS-Cサイズなために、広角側の画角が得られにくい様子。調べるまで全く知りませんでしたが、撮像素子サイズが小さいと、35mm換算のレンズを着けた時に画角が狭くなってしまうみたいなんですよね。APS-CサイズのCCDだと、35mm換算で18mmのレンズをつけても実際に撮れるのは27mmになっちゃうということです(たぶん)。資料写真を撮る時はわりと広角にすることが多いので、撮像素子は35mm相当の大きさが欲しいです。
 しかし調べた結果、35mm相当のCMOSを使ってる一眼レフで低価格のものはCanonくらいで、あっちを立てればこっちが立たず状態に。
 選択肢としては、
1、KissX2かKissFを買って、魚眼レンズは手ブレ補正機能無しで使う
2、α300を買って、10mmくらいの広角を取れるレンズを買い、さらに魚眼も買う(あるいは広角側はあきらめる)
 のどちらか…と考えてます。
 KissX2の手ブレ補正無しでどれくらいいけるのかがカギでしょうか。魚眼レンズなんか常用するわけじゃないし、それなりに撮れればレンズ内蔵手ブレ補正になってもCanonにするんですが…。とは言っても暗い場所なんかではやっぱりキビしいんでしょうか。
 10月にソニーが出すα900は35mm相当のCMOSらしいんですが、実売価格が30万超えそうなんで範疇外。オリンパスのE520は本体内手ブレ補正なのはいいんですが撮像素子がAPS-Cより更に小さいのでパス。ニコンは低価格機ではどちらも満たしていないのでパス…。

 どこかが低価格で、本体側手ブレ補正機能で、35mm相当の撮像素子のやつを出してくれないものか。

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

晴瀬ひろき

Author:晴瀬ひろき
漫画家・イラストレーター
1981/11/30生まれ

公式サイト
キラクナデイズ


1/18 ON SALE




発売中






















ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。