★スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★デジ一を買う その2 ~翻意編~

 デジタル一眼レフ選びの続きです。
 友人から指摘されたんですが、CanonのKissX2の撮像素子は35mm版相当ではなくて、APS-Cサイズよりちょっと小さいモノとのことです。なんかカンチガイしてました。
 ということは、どっちにしろ低価格機では広い画角を得るのは難しいという話になるんですね~。異常に高い超広角レンズを買う以外には。困ったものです。
 仕方がないので広角側はスッパリ諦めることに。そしてやっぱり今回はボディ内レンズ補正がいいと考えたため、ソニーα300にしようかと思ったんですが、友人の持ってるペンタックスK200Dもなかなか良さそうに見えてきました。スペックもそんなに変わらないし。いやいやそれだったら撮像素子が多少小さくてもオリンパスE520でも良いのでは…?
 どれもこれも自分の目的には一長一短という具合ですが、とりあえずレンズをざっと見てみて、K200DかE520が良いかなと思いました。α300は本体性能は好きなんですが、レンズキットで付いてくるレンズが不満なのと、交換レンズに良い魚眼がなかったので外します。
 そしてK200DとE520を比較した結果、K200Dにはライブビューがついていないとの衝撃情報が飛び込んだため(単なるチェック不足ですが)、現時点で最有力候補はオリンパスE520になりました。
 やっぱりCanonやNikonに比べて交換レンズの種類は少ないみたいですが、まあレンズなんてそんなにポンポン買ってたらお金がいくらあっても足りないので、逆に良いのかもしれません。とりあえず手の届きそうな価格帯で、8mm(35mm版換算で16mm)の魚眼レンズがあったので、これで良しとします。
 まずは今回買うエントリー機で一眼レフに慣れて、それから将来的にステップアップでもう少しいいカメラを狙っていきたいですね(35mmフルサイズの撮像素子は超魅力的ではありますが…)。
 最終的には今日か明日あたり、店で実機を触ってきて決めたいと思います。胸が高鳴る…。

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

■トラックバック

■一眼レフ用「NIKKOR」、4500万本達成 1年で500万本

 ニコンは9月22日、同社の一眼レフカメラ用交換レンズ「NIKKOR」(ニッコール)の累積生産数が、8月に4500万本を達成したと発表した。昨年7月の4000万本達成から1年で500万本生産した。 一眼レフ用NIKKORレンズは、1959年に発売した「NIKKOR-S Auto 5cm f/2」が最初。同...

プロフィール

晴瀬ひろき

Author:晴瀬ひろき
漫画家・イラストレーター
1981/11/30生まれ

公式サイト
キラクナデイズ


1/18 ON SALE




発売中






















ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。